スポンサードリンク


都市部と地方の税収格差は、小手先の税収移転では埋まらない。

自民、公明両党は13日夜、政策責任者会議を開き、2008年度税制改正大綱を決定した。都市部と地方の税収格差を是正するため、法人事業税のうち2・6兆円分を分離、国税の「地方法人特別税」に衣替えした上で地方に譲与税として配り、東京都などから計3600億円程度を財政力の弱い自治体に再配分するのが柱。
都市と地方の税収格差問題で、石原慎太郎東京都知事は11日午前、首相官邸で福田康夫首相と会談し、都の法人事業税のうち年間約3000億円を地方に移転させる政府・与党案について、消費税を含む税制の抜本改革までの暫定措置とすることなどを条件に容認した。
都市部と地方の税収格差は、小手先の税収移転では埋まらない。
なにが問題かというと、すべての情報が、都市部に集中していることが、問題であり、人と税収の格差は、それに付随する問題だからである。

| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。