スポンサードリンク


WBC世田界フライ級王者・内藤大助が、初防衛戦の相手に協栄”亀田興毅を指名

18日タイトル奪取したボクシングWBC世田界フライ級王者・内藤大助(32)(宮田ジム)が19日、都内の宮ジムで会見し、初防衛戦の相手に興毅を指名した。それを受けた“協栄”亀田興毅(20)は新王者のオファーを快諾し、今後、ファイトマネーや日程など今秋の実現を目指していくらしい。
この試合は、テレビ放送が、東京MXテレビと、東京および、その近郊のみの、マイナーな、テレビ局なので、全国的には、ご覧になっている方は、わずかなのです。ましてや、ボクシングファン以外の方は、内藤を知らない方がほとんどだと思う。
私は、18日の放送を、見たのですが、亀田のほうに、分があると思う。
肉体的にも、ボクサーの場合、一般的に30歳を過ぎると、かなりの、
ハンディを負うことになり、妻子のためや、故郷に錦を飾るためには、全国ネットで、放送される、亀田との、対戦を望むということは、たとえ負けたとしても、意義の深いものになるだろう。






 

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。